読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出来事1

本日は、自分の仕事の総括発表があり、とても忙しかったので、お昼を抜いた。

 


発表資料を印刷して、さぁミーティングという直前に、

ずかちゃんがあらわれて、ブラックサンダーを僕に手渡して。

 

「これを私の前で食べきるまでは、ミーティング行っちゃダメです。」

 

と言ってくる。

 

ぼくは、仕方なく食べる。

ミーティングにはギリギリ遅刻せずに行けた。

 

 

 

 

きっと美人じゃなかったら、ただの面倒くさい女、だったろうな。

 

 

 

今日は、送別会だったのだけど、ずかちゃんの色紙に何を書いていいのか、その色紙を旦那さんも読むことを思うと、よくわからなくて混乱した。

本心でもないし、ずかちゃんも「そんなことない」と言うであろう、反省の弁と謝辞を記した。

 

ずかちゃんからの、ぼくの色紙のコメントには、「恩返しをしたい」と書いてくれていた。

でも、ぼくは、既に十分受け取っているって思うのだ。