読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハピネス力循環の法則(仮

走り書きする。まだ仮だが、ちょっと面白いかもしれないゾ。今回の考え方。

 

 

まず実例。

ぼくは、ハピネス力の高さをずかちゃんから感じると、よく褒める。ぼくが幸せになるし。そういうときは、ずかちゃんは「何をほめられているのか分からないです。」と言う。最近は、そういう謎な褒め方をたまにされると、「謎ポイント」が貯まるということにしているらしい。

 

例えば、ほとんど中身も見ずに、テキトーに選んで買った、ぼくの弁当に、

「そのお弁当の豚肉!美味しいやつですね」→「ずかちゃんは楽しいね」と、ハピネス力を褒める→「おや、謎ポイントゲット」

その一言すら、ハピネス力が高い。

 

 

本人は確実に気がついていない。自分がいかにハピネス力が高いか。

ハピネス力は、ぼくが勝手に考えた言葉だが、「他人と比較しないで、自分の快楽を存分に楽しむ力」「比較から生じる不愉快に近づかない知恵」「いくらでも卑屈に取れる現象を、ひねくれずに楽しく享受できる素直さ」とか無粋な切り取りかたをすれば、多くの人に納得してもらえる考え方だ。

 

ずかちゃんが「ハピネス力」を観測できない事実がなんか変だ。

 

一方で、ぼくも、自分自身の「ハピネス力」があったことを、それがカノジョの人生を幸せにしたであろうことを、最近ようやく自覚した。

 

これも変だ。

 

 

で、こんなことを考えた。

 

他人のハピネス力は、観測できるが、自分のハピネス力は観測できない。

 

この仮説に従えば、自分にハピネス力が内蔵されていると指摘できるのは、他者であり、もし自分にハピネス力があると観測できたならば、それは他者の視点が自己に内在化されたときでしかあり得ない。

 

 

逆に言えば、自覚症状としては「私はハピネス力がない/足りない」というものがデフォルトであり、そういう状態が普通でいいのだ。なぜなら自分のハピネス力は観測できないから。

 

このブログのように、ハピネス力を言語化すると「こういうときは楽しいと言うべき」みたいな*ノウハウ*が貯まる。でも、そういった法則性により観測される括弧くくりの「ハピネス力」は、既にノウハウに成り下がってしまっているから客観視できちゃっているに過ぎない。自分本来のハピネス力ではない。

 

仮説の上に仮説を乗せるが、

 

みんな自分のことを「ハピネス力なんかない、あるいは足りない(低い)」と思っており、他者のハピネス力に救われている。

 

そして、自分のハピネス力を、あるいはかつてあった自分のハピネス力を、他者とかかわることで、初めて自覚できるのではないだろうか?

 

 

【仮のまとめ】

ハピネス力は他者が存在しないと観測できない力である。 

ゆえに、ハピネス力を維持し、高めるためには、人間は"他者"を必要とする。

 

 

いまいち、練りが甘いけれど、確実にひとつ先の考え方が見えてきた気がする。