読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

錯覚不幸誘導装置としてのPC

身の回りと心にいろいろなことが起きているんだけれど、うぇっとでえもい文章を書く気力が湧かないので(それで昇華しちゃうのも勿体ない!?)、考察じみたことを書こうと思う。

 

 

Political correctness(ぼく定義)

-経費の目的外使用はするべきではない

-勤務時間は守り、それ以外の時間は会社は社員に関与すべきではない

-不倫はするべきではない

-女性に家事を強いる表現(家人など)は排除するべきだ

-マイノリティを差別してはならない

-暴力をふるってはいけない

-職業で差別してはいけない

-子供を愛し、家族は守らなくてはならない

-嘘をついてはいけない(ステルスマーケ、ポジショントークは醜い)

 

その他のもろもろ基準。PCと略す。本来の意味、からちょっと逸脱は赦してほしい。

ポリティカル・コレクトネス - Wikipedia

人が衆目に晒されたときに、上記の基準は「いつ何時でも」成立してしまう正しさだ。

 

比較の基準にPCを選ぶ、

あるいは、他人を攻撃する材料にPCを選んだ時点で、圧倒的勝利が約束されている。

そして、とても残念なことに、世の中はPC通りには動いていない。

 

 

 

インターネットのある現在、自分を表現するには、まずPCを意識したふるまいをせざるをえなくなる。 PCを意識しないと、負けるから。PCを逸脱したやつは大いに叩いて大いに嗤おう。

 

でもこれ、実は多くの錯覚不幸の原因なのではないだろうか??

 

パターンA (じぶんがPC)

①自分は、とあるPCを信じている。

②しかしながら、人間、あるいは組織はPCのみで動いているわけではなく、PCは建前(あるいはネタ)として、ある程度の逸脱をする。

③PCを中心教義に据えた場合に、「自分は論理的には圧倒的勝者になるはずなのに、現実には敗北しつづける」ことになる。

④PCが達成できない自分は不幸だと錯覚することになる。

⑤略

例:自分の所有物は、他人に貸したりする必要はどこにもない。所有権は、当然の権利だ。だけど、何でもかんでも意固地に人にモノを貸さない人物というふうにみられる時があって、なんとなく気まずい 。正しいことをしているはずなのに、居心地が悪い。つらい。

 

 

パターンB (まわりがPC)

①多くの他人・友人は(信念で/正しく振舞いたいから)、PCを論じる。

②しかしながら、自分は政治的に正しいマシーンではなくて、人間だから、みんなが望むPC通りに行動できない。

③承認されるためにも、PCを究極目標に据えた場合に、「自分は本来PCであらねばならないのに、現実には全くPCでない自分を発見し続ける」ことになる。

④PCが達成できない自分は不幸だと錯覚することになる。

⑤略

例:20代後半に妻子があるひとを好きになってしまった。当然、恋愛の果てに結婚なんかは待っていない。結婚しろと言われるけれど、結婚することはできないし、恋愛をやめることもできない。

 

 

大雑把に言って、

-PCはいつも正しく、ある種の幸福の基準である。

-人間社会に生きるかぎりPCから逸脱する

両方が成り立つなかで、声高にPCを叫ぶことは、構造的に錯覚不幸を誘因すると思う。PCは、本来は脇差のように小脇に携え、たまに参考にするくらいのものなんじゃなかろうか。

 

 

 

政治的に正しくなく、倫理的にも正しくない存在になるべし。

ぼくは、怖くて言えない。

 

むろん、人間は社会的な動物でもあるので、組織の中で他人を責めるときに、「あんたが嫌いだ、むかつくよ!」なんて言わずに、「あなたはコンプライアンスに違反していますよ」と冷めた顔で淡々と言うのは、機能的だし合理性が高いと思う。けれども、切れ味が鋭すぎて、自分を切ってしまっては、しかたない。 

 

上記の議論から演繹されることは、

「他人に馬鹿にされるけれど自分は納得感のある価値観をもち」(自己がPC非依存、他人に賞賛される価値観はPCに近すぎるかも)「過度に他人と比較することなく」(他人のPCに左右されにくい)、嬉しいことは嬉しい。楽しいことは楽しい。悲しいことは悲しいと、素直に感じて生きることがハッピーなのかな。塩梅だけど。

 

 

「個人的に大切な物語に支えられた、世に嗤われる人生を生きる」ことが、合理的に正しい?理屈が見え隠れしてきた。まだまだ考えてゆきましょう。

 

 

ずかちゃんが(ぼくに確実に影響されたと分かる)PCっぽい基準で喧嘩をしたらしく、かすかな危機感を覚えたので、しるす。