読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

関数4

INPUT -> OUTPUT

null -> 高速バスの隣の席が空いていると幸せ
null -> 二度寝は最高の幸せ
お腹が減ったのでチョコを食べる -> アルフォートの白が特に幸せ.
ピザには炭酸!美味しい! -> コーラ1杯でこんなに幸せなのに,2リットルとか,どうなっちゃうんだろう...

あ,そうか,「美味しい」とか「気持ちいい」を全部「幸せ」と言っちゃう癖をもっているのね.

「幸せとは寿司である」とどっかの誰かが言ったけれど. 「ヒラメの握りは幸い」であると,転倒させると何が起こるんでしょうか.

幸せの十分条件が無限増殖していくのかしらん?そんな都合のよいことあっていいのかな?

引き続き,関数に色々代入していこう.

11月30日